私たちの病院

私たちは優しい動物医療を目指しています

ピア動物医療センターは、優しい動物医療を目指しています。
動物への優しい気持ちを感じた事のある人なら、誰しもそこには特別な関係があることを知っています。

この関係は文化や生活様式を超えるものであり、また動物たちは尊敬と無条件の好意とで、私達に安らぎと勇気を与えてくれます。
動物達が助けを求めている時、全力でこれを介護する事もまた、人としての自然な感情でしょう。

その場合、出来るだけ苦痛や恐怖感を与えることなく、病気の診断、治療を行う必要があります。
こうした理由から私たちは“優しい動物医療”を実践しています。

ヒューマン・アニマルボンド・センタード・プラクテイスについて

人と動物の心地よい関係(ヒューマン・アニマルボンド)構築のお手伝いこそが、動物病院の最も大切な役割である、と私達は考えます。

病気を診断し、治療、手術等を行うこと自体はあくまで付随的なことに過ぎません。

大切な事は、伴侶動物(私達はペットとは呼ばず伴侶動物/コンパニオンアニマルと呼んでいます。)とご家族が真の意味で深い絆を形成するお手伝いをする事である、と思います。

インフォームドコンセントについて

患者さんの正確な状態を臨床検査により把握し、最善の治療方法に関する情報提供を行う事は、インフォームドコンセントとして重要です。

そしてどの治療法を選択するかは、常に飼い主様に決めていただいております。
また最新の診断、治療方法のアップデートには常に取り組んでおります。

私たちの治療方針

私達もできれば、自身病院へは行きたくないですよね!ましてや動物達が病院に連れてこられることは非常に大きなストレスです。
なるべくストレスなく治療管理を行って差し上げたいと思います。その為には、以下の方針を採っています。

[1] なるべく少ない来院回数が理想的。動物は必要以上に通院させない方が良いです。
[2] なるべく数多くの注射はしない。疾患の多くは内服薬や外用薬の投与で十分管理できます。
[3] なるべく入院させない。通院で管理可能ならストレスのかかる入院は避けるのが理想的です。
[4] 出来るだけ処方薬は少なく。また必要のないサプリメントは極力投与しないようにします。
[5] 必要の無い繰り返しの臨床検査は避け、ストレス軽減と検査コスト軽減に努めております。

JAHA認定病院について

JAHA(日本動物病院福祉協会)認定病院制度は「飼い主様が安心して利用することの出来る動物病院」とはどのような動物病院であるかを最新の獣医学、獣医医療の現状に照らしてハード/ソフトの両面において基準を設定し、その基準を達成した病院をJAHAが認定するというものです。

2000年7月にピア動物医療センターは、全ての認定基準を満たし、神奈川県で最初に認定された6つの認定病院の1つとして認定されています。


診療案内

■平日
[ 午前 ] 9:00~12:00 [ 午後 ] 16:00~19:00

■土/日/祝祭日
[ 午前 ] 9:00~12:00 [ 午後 ] 14:00~16:00

■休診日 木曜日の午後は診療をお休みさせて頂きます。

※受付は終日、各診療時間終了時刻30分前までとなりますのでご注意下さい。
詳しくは「診療案内」ページをご確認ください。


Page Top